スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月・12月のアニマルライツアクションを終えて

11月・12月の動物倫理問題関係のアクションを終えて。

11月15日には、川越アクションに参加。

川越駅前でのアクションは、基本毎月行われていて、平日に行われることも。
詳しくは主催モカさんのブログをチェックいただきたい。

http://ameblo.jp/no-fur-no-fur/

あまり以前のことは分からないが、個人的な感覚では
2014年から本格的に始まった感じで、誰でも参加しやすい。
長い時間行われているけれど、好きな時間に行って帰る人も多数いる。

自分も、川越は気軽にちょちょっと参加といったイメージにしている。

とはいえ、色々とおなじみなARCメンバーの方々や、
それからナツコさん、主催モカさんなどと終了後にも楽しい時間を過ごせている。
集まるのがシリアスな理由だからこそ、
アクション後には近場のレストラン等で楽しむのもまた有意義だと思う。



そして11月30日には、川越で毛皮反対のデモ行進。

川越デモは10・18-26のFUR FREE WEEKに合わせて10月にも行われているが、
その際ややルートが勿体無かった(人通りの少ない場所が多かった)といった判断で、
あえて同シーズンに再度開催のようだ。

今回に関しては、定番の商店街「クレアモール」内を楽しく歩くことができ、
十分に人にアピールできたと思う。また、写真・ビデオ等に収めても迫力がある。

川越デモの後は、高橋冬樹さんとサシでビールを楽しみ、語り合った。
皆で打ち上げ等ももちろん良いのだが、それぞれが時々一対一で話しておくのも良い、
などと、この辺りで思った。



12月は、21日に川口駅前でチラシ配り。
この日は惜しくも横浜毛皮反対デモ行進とバッティングしてしまったのだが、

それでも8名の参加があり、750枚のチラシを配布。まずは十分な枚数が配れたかと思っている。
福島から参加の方もいらっしゃり、近隣地域での活動の参考にしたいとの事だった。


http://ameblo.jp/sakutotaro203/entry-11967748309.html


川口の動物問題アクションは隔月開催。ご興味ある方は↑主催うずらさんブログまで。

川口は、年末と行っても特に打ち上げなどを行わないアッサリした雰囲気だ。それもまた良い。
時間のない人、あまりおしゃべり好きでない人、アクションにまだ慣れない方などでもサっと参加できる。

ま、個人的にはこの時期横浜でワーっというのも良かったのだがw 
今回は川口で。ビシっとアクションできたと思う。



14-15シーズンでポイントになってくるのは、昨年や一昨年に比べて街で見るリアルファーが減っていること。
(東京や埼玉、神奈川などの雰囲気を基準とした場合)

雑誌などを見てもフェイクファー商品が多い様子だし、小見出しなどで銘打っている場合も多い。
アースミュージックアンドエコロジーの「エコファー」なども影響が大きい。

ファーそのもののブーム終焉と、軽微なエコファー(フェイクファー)ブームを感じる。

そうなると、やはりダウンジャケットやウールの問題に目が向くかなと思う。
これらは男性でも関わりの深い商品だ。

拙記事 ダウン・ウールの問題を広める局面か
http://77ot.blog.fc2.com/blog-entry-152.html



また、ネット等での画像問題にも再度興味を持つ期間であった。
「昆虫の画像」を不快だと思う人の話や、
ろくでなし子さんの問題(逮捕勾留は不当としても、何でも表現して良いのかみたいな話)、
色々と考えた。

個人的には「魚の画像」というのが何かのキーになる、
というのを掴んだ時期でもあった。



12月前半は、衆議院選挙があったので、
その方面でも色々出向いたり、ネットで 「とりあえず自民以外で」キャンペーンに乗っかったりした。



2014年は、毎回ではないものの川越駅前デッキアクションに参加するようになったのが大きい。

また、川口も13年、14年と安定感を高めてきていると思う。
15年も、川口を「リアル活動で一番外せないもの」の一つとして動いていきたいと思っている。

埼玉でよくご一緒する「なんママさん」も1月3日から所沢でのアクションを行うとのこと。
http://ameblo.jp/hananakoume/

埼玉では各地にほぼ毎回参加の方の他、nikaさん南天さん、ポワローさんなどのメンバーも心強い。
またパワフルに動かれているめー子さんのお助けマンにも文字通り助けられる局面があった。
2014年はやや「安定」を感じたが、地道であっても広げていく・かつ崩さず続けていく、その意義を感じている。



もちろんネット活動もトーゼン無視はできないところで、
たとえばアクションやデモの様子を「誰も」UP、拡散しなかったら…?
と思えば、その重要性が分かる。

「アピールはネットのみ」の方の発言やブログも、
それが「全く無かったら?」と考えると、恐ろしくなる。それぐらい重要だ。
Twitterなどを通しても、多くのかけがえない出会いがあった。

今日は12月27日、「年」の終わりではあるがまだまだ冬シーズンは続くので、
毛皮問題など引き続き訴えたい。

ARというのは結局は「人」が相手の部分も大きい。

良いと思う企業や「実際にファンである企業」「実際にサービスを利用している企業」に、
穏便に種々の提案をしていくのも良いと思う。

ダウン・ウールの問題を広める局面か

この秋冬は、毛皮着用率が目に見えて低い。
昨日、川越アクションに参加してきても、例年のこの時期の街頭とは違っている。

ファーの意味では、動物倫理問題に関心を持ち始めた15年前頃の景色に、近い。
あのころは、フードや襟元のファーなどもあまり見かけなかったと思う。

フェイクファーも含めて少ない、と今シーズン感じるので、
ファー自体が、単純にファッション的側面でブームの終焉、という面も大きいのだろう。

企業・消費者の意識が変わったという側面も、勿論あると感じる。

ただ、ブームのエフェクトであっては、また来てしまう可能性もある。
毛皮反対の意識は引き続き表明し続けたいところだ。

それで当面だが、
ファッションにおいては、ダウン・ウールの問題を平行アピールしていくのが大事かとも思う。

http://animals-peace.net/fur/fashion_leaf

PEACEさんのチラシでも、とてもよく説明されている。

■ ダウン

毛皮と異なり、ファッションの為だけに殖やされている訳ではない副産物と言えるが、
かなり動物に苦痛を与える方法で作られている。
また、食用として生産される段階において、
強制給餌であるとかAW(アニマルウェルフェア)的に問題があることも多いようだ。

最終的に寿命を迎えるまで飼養されるとか、野に放たれるとかいうことも基本的にない。

ライブハンドピッキング、プラッキング(Plucking)などで調べると分かる。

ダウン及び合成繊維製のジャケットを販売している「パタゴニア」では、
大変ていねいな調査と説明を行っており、Webでも示している。
http://www.patagonia.com/jp/traceable-down
http://www.patagonia.com/jp/patagonia.go?assetid=37607

ダウンで難しいのは、見た目がハイテクっぽい被服であるため、
ともすると動物性であることすら、知らないで買う人もいそうなことか。

プリマロフトやシンサレートなどの繊維を使用したもの(見た目はダウンジャケットに似る。機能はより高い)か、
特にダウン風でないジャケットが代替になる。

■ ウール

ウールは、直接動物を殺さずに生産することができる(毛皮は動物を殺して作る)。

しかし、品種改良によって皮膚がシワの多いような状態になっている羊がおり、
その部位における虫の寄生を防ぐため「ミュールシング」といって臀部の皮膚を除去する行為がある。

またここで使われた羊等も、やはり人間の都合で処分されることとなり、
無麻酔での去勢など痛ましい行為も伴う。
飼養においても、やはり工場的な事例が多いようである。

http://www.arcj.org/animals/cloth/00/id=408

ウールに関しては、
1 単純にアクリルなどのニットが代替になる。
2 どうしてもというなら、ミュールシングを行っていないウールを使用する。
こういった代替物がある。

・・・

思うに、化学繊維・合成繊維は日本も強い分野である。
プリマロフトやシンサレートの類や、アクリル等、ましてエコファーなど高い技術が求められる。

動物を直に利用したファッションは、ややクラシカルなスタイルだ。
ウール等その「雰囲気」が分からないことはないが、もう一歩先に進んでも良いと思う。

化学繊維の分野は、日本の強さを活かせる分野のひとつでもあるだろう。
かつアニマルフリー、クルエルティフリーにつなげられる。


毛皮と違ってウールは理屈上は動物を殺さないでも作れるし、
ダウンの場合も、より倫理的な生産が可能ではあるし、食用の鳥類の副産物という側面もある。
よって個人的に「反対!」とまでは言わないものの、肯定的ではない立場を採っている。

ヴィーガン志向(食にとどまらず動物をなるべく利用しない志向)を持っていれば、
これらを積極的に買おうという気にはならないはずであるし、
食についてベジタリアン傾向であれば、「副産物云々だから」という話も、自分の中でまとまらなくなる。
やはり「動物をできるだけ利用しない」「痛み・苦しみを増やさない」という考えがポイントではないかと思う。

Veganやベジタリアンとは?

Vegan、ヴィーガンとは何か?

1 動物の利用をできるだけ行わない生活スタイルを指す。

2 菜食主義(動物性食品不摂取)の徹底しているものも指す。

”ビーガニズム (Veganism) は、食用・衣料用・その他の目的のために動物を搾取したり苦しめたりすることを、できる限り止めようとする生き方であると定義することができる。”
↑日本ベジタリアン協会様HPより引用
http://www.jpvs.org/v-info/f-vinfo.htm

あまり「~アン」などと自分や他人を決めてしまうのは、
何となく日本人に合わない気もするし、好きじゃない部分もある。

ただ、それでは話が進まない場面があるので、今回自分なりの認識でVeganについて軽く話してみる事にする。




先に2「ベジタリアン」については、

肉を食べず、乳製品は摂取する人:ラクト・ベジタリアン
肉を食べず、卵を摂取する人:オボ・ベジタリアン

等と違いが有り、動機としてもエシカル・健康・環境等と違いがある。

ラクトでもオボでもない人は「完全なベジタリアン」、「ピュアなベジタリアン」
となるんだと思うが、これをヴィーガンという場合もあると思う。

※ほぼ完全な誤解として「肉や魚も食べるが、とりわけ野菜を好む人」をベジタリアンと考える人もいるようだ。
やっぱりこればかりは誤解といわざるをえない。
倫理的理由であれ、ダイエタリーな理由であれ、「動物性食品を避けた結果としての菜食主義」が、ベジタリアンである。




また、「ペスカトリアン」というものもある。
これは、魚介類は食べるが哺乳類や鳥類の肉は食べない人、かな。

(個人的には色々な食のスタイルを試しているが、哺乳類・鳥の肉および鳥の卵は食べず、
魚、エビ、貝等は食べるスタイルも結構やってきた。直近では2013年からVeganを強く志向している)

・・・いちいち「・・・アン」などと自認せずとも、日本人は結構これのゆるいのが多いと思う。
外食産業が普及する前は、ペスカトリアンに近い食生活を送っていた日本人が多かったと感じる。

それは倫理的理由というよりも、経済的な理由や「単に肉が手に入り難いから」というのもあったと思うが、
「あまり生臭いものなどしょっちゅう食べるべきでない」というような、日本独特の姿勢も絡んでいると思う。




で、本題のヴィーガンだが、これは衣食のみならず他のことでも
「動物を利用しない」ことを志向するスタイルである。
「食」はその中の一つに過ぎない。これが「世間で言うところのベジタリアンの概念」と違うところだ。

完全な実行は不可能に近くても、衣食などにおいては十分可能である。




また、仮にかなり厳格なベジタリアン食生活であっても、
動物園は行くとか、ペットはお金で買っていいと思っているとか、
そういう人がいるならば、倫理的意味のヴィーガンとはまったく別の存在である。
※そうした種のベジタリアンが悪いとか言っているのではなくて、「別の概念だ」と説明している。

逆に、どうしても断れないときは肉を食べてしまうとか、あまり徹底していない人であっても、
ヴィーガン志向であるならば、
動物園には否定的であるはずだし、ペットをお金で買っていいとかいう発想にはならないのだ。

仮にリアルやWebの毛皮反対アクションに参加していなくても、Veganの人は当然毛皮など着ないし、
一般の皮革製品やウールなども避けている。ここがポイントである。




一応記せば、菜食主義の徹底(動物性を一切食べない)だと、
ダイエタリーな意味でのヴィーガンというのもあるわけだが、

「動物を利用しない」という意味で「Vegan」を目指している人も多いと思う。
Veganismの実践を行おうとしている人だ。
現在の僕も、当然?そちらのほうである。




利用しないという事は、少なくとも、以下のような事はすべて否定するという話である。

・動物園
・釣り
・ハンティング
・ペット購入
・動物を見世物にしたようなイベント
・化粧品など嗜好的な品における動物実験

・動物性衣類の着用
・動物性食品の摂取




Veganというのは、何かを「する」のではなくて、
「しない」スタイルなのである。




もちろん、Veganを志向していても、

犬猫の保護を行ったりする人はいると思うし、
その過程では、魚などの肉を犬猫に与えるという場面が起きてしまう。

また、医療関係の動物実験には、反対の意思はあっても禁止は迫れないとか、
その辺の難しい点はある。

また、動物とはどこまでなのか?という例の「線引き問題」もある。




いずれとしても、
Veganは「食」に限った話ではないこと
何かをするというよりも「しない」生き方であること

というのを知ってもらえたらと思う。

もちろん僕の認識であるし、最初に書いたように、あまり「~アン」と決め付けるのは、
個人的に好きではないことも付け加えておく。

10・26 東京 Antifur デモ!! FUR FREE WEEK 2014 の締めくくり



10・26には、東京で毛皮反対(AntiFur)デモが行われた。

行ってみると原宿駅では小雨もぱらつくような天気ではあったが、出発時刻には天気の心配はなくなった。

確か昨年からか、アニマルライツにまつわるフェスタも同時開催となっていて、
デモに参加しない人も楽しめるし、デモ参加者も午前中~夕方まで交流を深めたり、
エシカルな商品に親しんだりとできる。

ファー問題の界隈で今年変わったのは、
まずクロス&カンパニーによる1 エコファー(フェイクファー)発売と、
2同社社長による、毛皮販売廃止のメッセージである。2はほんの10日ほど前の事だった。




もう、来年で10年目(だと思う)となる、この秋のデモ行進。
写真やムービーを撮っていても、街や人波の変わり行くこと、
あるいは変わらない感じ等が伝わってくる。

コースでは、ZARAが毛皮を扱っていないのが昨年と変わったところ。

ちなみに無印良品、GAP、ユニクロ、H&Mも毛皮を扱わない。




今年はメガホンを持つ担当になったので、ビデオは控えめだ。






反響はなかなか多かったと思う。

・「毛皮反対はわかるが、肉や魚を食べても良いのか? 」
 → このデモは、毛皮反対に的を絞っている。大方の参加者は、ヴィーガンであるか、少なくともそれを志向している人がほとんどである。特定の団体の人間が歩いているわけではないので「毛皮反対」だけが確かなことである。

また、ここはいろいろな人から聞いた範囲での僕の感想だが、
ベジを志向している人の完全な実行を阻んでいるものは、
日本の外食や小売の惣菜等で、あまりに肉が出すぎるということである。あとは、給食や社食など。
食べたくないのに、肉料理ばかりであったり、スープや小さな肉などを排除しきれないということ。
これがあるので、人間関係を保つため「ゆるベジ」といった生活を取る人も、参加者には多分多い。
何処の店でもベジメニューが有るような国であれば、そうした障壁は少ない。

主に手作り弁当を利用したり、外食の機会が少ない人、仕事上で様々の自由が利きやすい人は、
かなり簡単にベジタリアン・ヴィーガンを実行している。

・「凄惨な写真を見せているが」
 →これについては、特にネットで表示されるものなど議論が有る。毛皮反対の人すべてが、所謂そういうものを良いと考えているわけではない。また、特定個体を想起させない「ハンバーガー」や「肉」の写真、それにファー自体が凄惨ではないか、という指摘も有る。

・また、毛皮反対に対してのメッセージではないが、Webで声を見たりする中で、チョット勘違いが有ると思うのが「人間は肉を食べないと行きていけない」ということ。
もしそう思っているとすれば、牛や豚の犠牲がその人の中で自明となるので、「毛皮だけに反対するのは無理があるのではないか?」等と思うのだろう。全く動物性のものを食べないで生活している人はかなりいるのだ。




参加者は、322名。
初回から200名以上を数えているが、なかなかのものだと思う。

良くアクションをしている知り合いの人々で言うと、東京で30~50人ぐらい、埼玉で30人ぐらいだ。
その他の、Web発での知り合いなどを入れても、100名には満たない。

つまり、「自分の知らないかなり多くの人々」が、このデモに参加していた。
主観的な話だが。

「毛皮反対」は誰でも直ぐにできることだ。

別にデモにでたり、何かネットで言わなくても、直ぐできる。

仕事上難しい人はいると思うが、食事の問題ほどではないと思う。
「新たに買わない」のなら今直ぐ決意できる。




毛皮問題を一つの契機として、動物問題を考えてもらえたらと思う。

僕自身は、人間は動物をなるべく利用しないようにできるし、
少なくとも現時点より利用を減らすことは可能だと考えている。

問題になるのは「痛み・苦しみ」であると絞り込んでいる。
(注:動物倫理問題を考える上での一つの立場にすぎない)
「生命があるから」ではない。
「動物が好きだから」でもない。関係ない。

僕は
・「ペット」の販売にも、否定の立場である
(率直に言って犬・猫のことからアニマル・ライツに関心が向く人も多いと思う。
その二種は、かなり特殊な事例であり、アニマル・ライツにおいては「厄介な存在(ヒトとの関係)」だと考えてもいる。
・「動物園」にも否定的である

他種は、そのように他種に配慮をする能力もないし、
そもそも莫大な他種利用ができないから、自己制御の必要もない。
アニマル・ライツは、人間だけの問題だと思っている。




http://youtu.be/Eb5z8KqMSCE (伊勢田哲治さん)
http://youtu.be/aw1IhdhmM_I 
http://youtu.be/OfOtHyqZ0UM (田上孝一さん)

動物倫理問題には、それ相応の理屈も有る。
(あくまで僕が「良い」と思う考え方であり、毛皮反対デモはあくまで個の集まりである)

↑このような考え方には、肯ける人も多いのではないだろうか。
倫理学者・哲学者の考えだ。
僕は専門家ではないが、割と倫理学の方面での「?」から、アニマル・ライツを考え始めた。

「アニマル・ライツを考えなくて良い」という立場で話すほうが、
実は困難なことなのである。

動物倫理問題を考えていくと、
「毛皮を買わない」などというのは、したほうが良いに決まっている、となるんじゃないだろうか。
もっと困難な問題が多い中、直ぐできることだし、恐らくは「したほうが良い」と分かる。




人間の他に、他種に甚大な影響をおよぼすものとしてはウイルスなどがあげられるが、
彼らにアニマル・ライツに配慮しろと言っても、無理であろう。




東京毛皮反対デモ、無事終了。
全国13都市でも、アクションが行われたのが「FUR  FREE WEEK 2014」だ。

個々の集まりであるとはいえ、主催・スタッフの方には感謝したい。
また、川越や川口で最近知り合った人の積極的な参加にも、大感謝。

いい方向に向いていっていると思う。
引き続き、NO FUR!

10・26東京デモ いよいよ明日!

今からでも間に合う!ぜひ参加してみましょう!

2014/10/26毛皮反対デモ行進 参加者募集!!!

13:30集合14:00スタートとのことですが
あくまで上記公式サイトを参照してください

ここは原宿からも渋谷からも行けます。

完全にお好みですが

原宿駅近辺ではお手洗いなどのスペースが利用しにくいです。
また、日曜日は非常に混雑しており駅前にあるコンビニも列をなしていたりします。

渋谷駅から行きますと、道中に様々なお店や設備がありますので、
色々と用事や支度を整えてから、向かえます。(たとえばレインコートを買うとか、飲料だとか)

では☆
プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。動物問題への関心を高めています。Twitter、Youtubeもあります。ブログはこちらFC2がメインです。

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。