スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星野とレイナード

たまに、何気なく検索ワードを見てみることがある。

検索ワード=何を調べた結果このブログにお越しになったか、だ。
(ま、実際はすぐ去ってしまった方が多いとしても(笑)

だいぶ以前、「星野 レイナード」というのが有った。
そういうのを調べている人がいるのか、と妙にうれしかったものだ。

僕の記憶では、これは1992年だったように思う。
キャビン・カラーの時代(結果的には最後)だ。

1992年といえば大ファンである利男選手が大躍進を遂げた一方、

F3000において、星野選手は非常に苦しんでいる印象があった。
途中でエンジンをDFVに換える、予選落ちを喫するなどもあったと思う。

前年のチャンプである右京選手はF1へと行ってしまい(新たにヒーローズ入りしたのは琢弥選手)、
長谷見選手は1991年でF3000を引退した。

この年のレースは三回見に行っているが、
上位には来るものの、今ひとつ「勝つ」ようなキレは感じない印象であった。

そしてレイナードであるが、あえて調べないで書くと、
序盤の富士戦、例のあの、利男選手がストレート上で横浜タイヤを大バーストさせたあのレース、
あの時星野さんがレイナードであったように思うが、違うかもしれない。

確かに80年代後半から、ほぼ常にレイナードを使っていた「ロス・チーバー」の速さには目を見張るものがあったし、
「レイナードに賭けてみたい」という気持ちのチーム・ドライバーも多かったのだろうか。
他にも和田孝夫選手など、このころレイナードユーザーが少し増えた印象もある。

結局、80年代後半のレイナード登場~90年代半ばまでというのは、
レイナードは「注目」を浴びながらも、結局、ローラがほとんど勝っていた。

そうして、高木が登場した1995年、ラルフや服部が活躍した1996年、
本山がタイトルを獲得した1998年(ティームメイトのフォンタナも速かった)、
このあたりから、レイナードはなかなか強くなっていったのである。

しかも皮肉なことに?94年を以って「レイナード使い」たるチーバーは日本を去っている。

・・・ ・・・ ・・・

して、話は戻って星野さんの1992年だが、結局は苦戦のままシリーズを終えた印象がある。

しかし、翌1993年には怒涛のような速さ・強さを見せたのだ。
あのNISSEKIカラーが印象に残っている人も多いだろうか。

・・・1992年の暮れ、AS誌などの予想では
1993年のF3000チャンピオン候補筆頭は利男選手とされていた。
92年の勢いからすれば、そうなのだが(体制もほとんど変わらないし)、
「レースってもんはそうは行かない」、ともRC少年なりに感じていたのである。

・・・ ・・・ ・・・

ここは記憶があいまいだが、星野がF3000(FN)引退を決めた97春にも、
レイナード云々の可能性は口にしていたように思う。
それから利男選手は結局、1998年春のFNテストに出走しトップタイムをマークしたものの、
そのシーズンには出ず、そのままフォーミュラを降りている。このときもレイナードだった。

ともかくグダグダと、いくらでも思いがよみがえってくる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。動物問題への関心を高めています。Twitter、Youtubeもあります。ブログはこちらFC2がメインです。

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。