スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

au K009

現在使用しているケータイはauのK009である。

外見的にも、またメニュー等にもところどころガサツな点があるし、
京セラで言えば「ペタメモ」等メーカー独自の機能や操作が廃されているが、
こういうトコは2011モデル~のauガラケーではどれも仕方ないようだ。

現実的な機能面で大方の点では満足はしているが…
唯一、「電池のもち」がキビシイレベルだ。

とくにK009が良くないというような情報も見かけるが、
CPU「スナップドラゴン」を搭載しているケータイはほとんどそう(もちが悪い)のようである。

「EZWebで約2時間」というのがこの手の機種のスペックだが、
実際には出先などでそこまでEZを使うことはない。

しかし

たとえばフル充から持ち出したとして、
EZWeb10分+10時間程度の携行(メール10通、移動による消費など)でも電池がリミットになってしまうことが多い。
僕の場合、いくつかのWebメールからの通知も設定しているため、
メールといっても実際にはWebに接続するケースだって多い。

また、減り方が体感的に均一でなく、メモやフォルダ内の操作だけでもかなり早期に電池が減る場合がある。
電池を食いそうな設定/省エネ設定といろいろ変えてみたが、キラーとなっているものは見つからず、
結局どう設定しても減りがあまり変わらない。

K009
※W44KIIで撮影。
このケータイは電池もちもイイし、良くできていた。

利用スタイルが多様なため一概に言えないが、「通勤通学で10~12時間程度外出し、その間充電できない」スタイルだと、
余裕ある使用はちょっと厳しいんじゃないか?という印象である。

けっきょく僕のケースでは毎日確実な充電をせねばならず、
たとえば1日使用→充電を忘れて寝てしまい→翌朝を迎えた場合、
予備やモバイルバッテリーがないとしたら、キビシイというか持ち出し不能と感じる。

auの周波数変更に伴って機種変更を考えている人は多いと思うが、
実用性重視であれば、電池もちは大切な要素なので、検討してほしいと思う。
現在では、周波数変更対象からの機種変の場合K009はほぼ無料で手に入れられるようだが、あまり困るようだとタダでも安くはないだろう。

この点で確実なのはスナップドラゴン非搭載機となり、
現行ではK006、PT002、K010(かんたんケータイ)くらいしか選択肢がないが…



原宿付近に行った折、auデザイニングスタジオに行って聞いてみたが、やはり主にこのCPUによりやや電池面での不満は多いとのこと。



「スマートフォンに比べれば電池は持つ」といえそうだが、そういう問題ではないように思う。
スマホは、いわば出だしの品物、本格的に普及しだしたのは今年。
いろいろな不便もまだまだ許容できると思うワケだ。

ガラケーは違う。
こういうタイプが出だしてから、それこそ10年以上の年月が経っている。
2011年ともなれば文句のつけようがないモノを出してくるのかと思ったし、
あえてガラケーを新調するユーザーは相応に洗練されたモノを望む、当然じゃないだろうか。
たとえば、試しにスマホを活用し、「機能は控えめでも頼れる機材」としてガラケーを併用するユーザーも多いはずだ。
そうした視点も考えると、この電池の減りには正直がっかりである。



修理に出して改善されたという事例もいくつかある。

実際に電池が減っているのではなく、高い電圧でも電池メモリが2や1に判定されている疑いもアリ。
「スナップドラゴン機でもK009が特に減りやすい」というのが本当だとすれば、この辺は怪しい。
ここは、こんどテスターで調べてみる(今なぜか手元にない)。

携帯は充電も基本的に「そのケータイを通して」行うため、
機種による充電状況(カット電圧)の比較はあまりしないはずで、自分もやっていない。
また、この携帯はどうだかわからないが、
充電自体が甘い(常に低めでカットされている)とかも考えられないわけではない。



・EZWeb:速いが、ページが一回で表示されない、メール送信や受信に一回失敗する、などがある。
・通信速度:700~2500程度(首都圏、mpw.jpで計測)
・重み:最初は画面側がずいぶん重く感じるが、なれると結構持ちやすいし心地よい。
・サイズ:きょう体は小さいが、キー配置などは大きめ・広めなので女性や年少者には向かないと思う。
・傷のつきにくさ:ハードなコート(グロスコートのような?)のようなのが施されている。
非常に小さい傷はつくが、従来あった「塗装はがれ」はない。
・指紋:全体にテカっているので目立つ。
・屋外での画面:TFTのためか結構見やすい
・画面キズ:強化ガラスではないのが残念だが、ガラスと言われてもわからないほどキズはつかない。
・サブディスプレイ:オマケ程度。かわいいので問題には思わないが、日付/時刻は見やすくない。
・夜間のキー照明:ムラがあり、残念ながら光線漏れがある(ちょっと前のだったら考えられないナァ)。
・ボタン:問題はないがやや固めで独特の感触。2011モデル全般に言えるが、セルフメニュー/TVキーが文字キーの下にあるため間違って押すことが多い。自分は慣れてしまったが。
・通話音質:相手側からの音量は十分あるが、防水ゆえもあるが全体に「こもる」というか、逆にきょう体内で反響して大きくなるような感じがある。あまり小さな音にできない。こちら側からの音量(マイク)は問題ない。
・カメラ:携帯としては普通といったところ。
・付属品:クレイドル(充電台)とイヤホンが付属しない。せっかくの防水ケータイなので、端子部分をあまりパカパカあけるとパッキンがいたむと思われ、充電クレイドルを買ったほうが良いと思う。
・ニコ電は非対応だった(別にやらないがw)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。動物問題への関心を高めています。Twitter、Youtubeもあります。ブログはこちらFC2がメインです。

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。