スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倫理学

放送大学で面白い放送をやっていた。

「生命と環境の倫理'10」という科目の第八回。11/24に放送。
http://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/H22/kyouyou/A/ippan_jinbun/1111701.html

学問の分野から見ても、動物の福祉や権利は論じられているわけで、
それをめぐる立場は違えど「無視」はされていないのがわかる。
倫理や正義、善などについて研究するにあたって、この問題を無視してよいわけがない。

地上波デジタルマルチチャンネル放送「2ch」にて、3/9金 22:15~再放送される。
http://www.ouj.ac.jp/hp/bangumi/nenkan/bangumi_2/h23/pdf/s2_digital.pdf

http://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/H22/kyouyou/A/ningen/1551914.html

また、こちらの科目「功利主義と分析哲学'10」の11回でも同様のテーマがある。
こっちはラジオ(77.1FM)なので注意。印象的だったため何度か聞いた。
毎週水曜の朝6時~、と早いが、12/14にシンガーなどが採り上げられる。(他の回も面白いはずだ)

別にこの科目や先生、大学がどうということでなく、視聴しやすいので紹介した。
(テキストは書店で買える、書名は科目と同じ)

理屈や学問的側面から「も」学びたい人には、
書店や図書館で、アカデミックな倫理学の本を数冊読んでみることもいいと思う。
アニマルライツの方向から都合のいいと考えられる部分だけでなく、そうでないものも読むとためになる。
(最新のもの、70年代以降等近年のもの、古典。当然アカデミックなもの)

ピーター・シンガーがどうしても挙げられるが、それだけでなく、・・・応用倫理だけでなく、
各倫理学者も結構この問題に注目していることがわかるし、
そこから自分なりの考え(完全ではなくても)を導き出すこともできるだろう。

ま、僕の場合は割りと感覚重視派になっちゃったわけだが、
この感覚するということが、実はこの問題の本質とつながっているわけで・・・まあイイかw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。動物問題への関心を高めています。Twitter、Youtubeもあります。ブログはこちらFC2がメインです。

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。