スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1989年のF3000

大の利男選手ファンである自分だが、
本格的に知ったのは、1989年のことだ。
具体的にはAUTOSPORT誌やRacingOnを読み始めた事が大きいと思う。

雑誌を読むことで細かなレギュなどを知ることができ、
ことに、写真や文章にとても感動したものである。

RacingOnだったと思うが、開幕特集のF3000ドライバー名鑑を見て、
確か34歳、どこか寂しげな印象と眼差しの鋭さに惹きつけられた。
世界の舞台に立つ若手や、F1の二人などもいる中、
日本で戦うこういう世代のドライバーも大変なのだろう、と子供心に思ったものである。



さて
1989年開幕戦の映像がアップされている。(このTVではデビューの中谷選手をターゲットにしている)



この年、Gr.Cでは日産R89C、23号車でJSPCやルマンにて大活躍していた利男選手だが、

1989年について言えば、F3000ではこれといった成績を残せていない。
ヒーローズ+レイナード+DFV+BSであったが、いろいろとマッチングが悪かったのだろうか、
同じCABINカラーの星野選手と併走するようなシーンはほとんどなかった。
また、Gr.Aでも、中子選手と組んでディビジョン3無限シビックに乗ったものの、これもあまりぱっとしていない。

※ヒーローズでは翌年から右京選手(ローラ+DFV)が乗り、
Gr.A ディビジョン3無限シビックでは中子+岡田のコンビが長年強さを誇った。

利男選手は、1990にはGr.Cに加えあのGr.A R32 ディビジョン1でも星野さんと組み、
日産ワークスとして本格的に輝いていく。

F3000では新興のUNIVERSAL RACING TEAMに移籍、車もローラへ。90-91は体制面でもややつらい部分があり、
成績はさほどでないものの、同チームでの92-93にかけての圧倒的強さへとつながっていく。



この1989年F3000開幕戦だが、星野、長谷見、松本らが安定して速い時代であったことが分かる。
(予選ストレートのシーンで、なぜか松本のマシンだけクォオーンという音がするのが不思議)

王座についた小河選手は、ここでは前年度の右京のマシンを使用している。
AS誌面を見て「ex右京車」という言葉の意味が、最初分からなかったのが懐かしい。
派手な体制ではないが、ポンとツボにはまっているのだ。
長い間、トップフォーミュラで車に恵まれていなかった小河選手が、ポンと速い車に乗って、さらっと速い。
こういう感じはRCレースをやっていてもわかる。

一方、右京選手はといえば、ムンクラに移籍、オリジナルマシンで参加するが内外で大苦戦。

この開幕戦、ロス・チーバーは88レイナードで参加しているし、ポイントも取れていない。
チーバーは、最後まで小河と僅差のチャンピオン争いを演じた。
最終戦のアクシデントなどが未だに記憶に残るが、シリーズは開幕から最終戦までで争うもの。
89レイナード投入が遅れたことも、結局は効いているのかもしれない。
開幕戦といったら、とりあえずチーバーがブッチギる、というのがこの後続くのだから意外だ。



この年のF3000といえば、小河やチーバー、ベテラン勢のほかに、
速さが目立ったのが和田選手だろう。
この年で終わったGC(グラチャン)でも相当なものだった。

タイヤはきつい面もあったと思うが、
逆にADVANならではの速さを見せ、ハマったレースではまさにブッチギリ。
日産といえば「星野+利男」「長谷見+オロフソン」の時代が訪れる中、
和田選手は日産ワークスとしてはその次といった位置づけになっていたが、スプリントでは光っていた。



また、地味なところで言えば、バリラ選手も登場している。
ピットでの中嶋さんのヒョコっとした動きなどは、なんだか懐かしい。
このバリラ、予選で星野さんと揉めた件w 以外はさしてF3000の印象がないのだが、
翌年1990年には、ミナルディでF1に参戦、中嶋と同じ舞台に立ち、ポイントも獲得している。
このころのミナルディというのは、中堅というか、十分速いチームであった。
(ザクスピードをはじめ、トンデモF1チームがたっくさん後ろにいたのだ)



1989年のF3000というだけでも、
数分でこれだけ思い出してしまう。やっぱりこのころのレースは面白い。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。動物問題への関心を高めています。Twitter、Youtubeもあります。ブログはこちらFC2がメインです。

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。