スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンタックスQとオリンパスXZ-1

なにやら目に付いたので、ペンタックスQとオリンパスXZ-1を店頭でいじってみた。

一応コンデジの部類に入るらしい。
ボクは特にデジカメには興味がない(必要だがこだわりはない)ので、要は良くわからないのだが、
コンパクトデジカメも一眼も、落ち着きを見せている、といったところのようだ。

今や、コンデジの動画機能も良くなってきているし、一眼やムービー機?もそれなりなのだろう。
遊びの部分が大事になってくるのだと思う。

「デジカメにはまる」のを忌避していた銀塩ファンも、そろそろ、
なんというか、ある種の割りきり?が出てきて、そこにちょうどういうQとかXZ-1が出てきたという感じ。

ボクは古くからのカメラファンというわけではなく、
そこそこ興味はあったにせよ、本格的には10年ほど前の中古カメラブームにはまったクチである。

このふたつ、たとえ必要かどうかは別としても、存在感のあるレンズが搭載されており、
個人的には、絞り優先AE、シャッター優先AEでの操作がとても楽しい。

デジカメの操作性や写りとしては前からオリンパスが好きである。

銀塩機は、OMシリーズなど興味はあったが、ヤシカやミノルタの方が好きであった。
ニコンは使っていたが、ニコンやOMは映りにコクがないとかいった一種の風説があり、

まあ、ボクとしてはフィルムのほうが大切だとも思っていたが・・・。それはそれとして・・・と。

フィルムといえば、コダクロームが姿を消した辺りから、
なんといったらいいのか、銀塩に拘り続ける限界を悟ったのだと思う(笑)
プロビアなどを良く使っていたが、ベルビアやセンシア、或いはコダクロームやエクタクローム、
それにAGFA・・・ こだわる機会があったのは、本当に幸運だったと思う。
(当時フィルムスキャナまでは買えず、結局リバーサルで撮った写真は未だにネットにはUPしていない)

XZ-1のF1.8というマークはやや邪魔にも感じるが、
単焦点レンズのF1.X台云々に萌える層としては、やっぱりうれしい。

ピントを合わせ、絞り又はシャッター速度を設定し、シャッターを切る。
ただそれだけのことなのだが、面白いと感じる。
物理的ダイヤルなどを操作することには、独特の喜びがある。
いわゆるオタク的意味だけではなく、さまざまな機材における物理的ダイヤルなどは、
実際の利便性を感じる場面が多々ある。



ここ最近携帯(au)を変えたが、やはり作りこみの甘さを感じる。
最近のケータイは、ノウハウが蓄積されている感じ、ユーザーの声を拾っている感じが見えず、
毎回いちから適当に作っているような印象を受ける。「細かい部分に感動」するのではなく、
全体はいいとしても「細かい部分にいちいち落胆」する。
この感覚はとても悲しいものがある。
また、デジカメが店頭で当たり前のように操作できるので、思ったのだが、
基本、モックアップばかり置かれているのも、いまだ、変わらない。何か根本的にダメだと思う。




このデジカメ二機では、作りこみの深さや、心配りを感じることができた。

…ヤシカでもF521なんてのがあるが、こちらはまあ…完全なトイカメラ。
現在のヤシカブランド(エグゼモード)には、本格的なことはあまり期待できない。
ただまあ、ブランドが残ること自体はそんなにイヤに思わない。
(エレクトロ35はまだまだ傍らにあるのだ(笑)

http://olympus-imaging.jp/product/compact/xz1/index.html

http://www.pentax.jp/japan/products/q/

http://www.exemode.com/yashica/dc/f521.html

★楽天でPENTAX Qを検索する☆

★楽天でXZ-1を検索する☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。動物問題への関心を高めています。Twitter、Youtubeもあります。ブログはこちらFC2がメインです。

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。