実際に快適利用できる電子マネーが普及する?

電子マネーはいろいろなものを作って・保有してみているが

頻度として高いのは、EdyとSuicaである。

楽天銀行デビットカードにしても、良く利用している。



利用頻度が高いのは何故かと言うと、対応する店舗・便利な店舗が自分のライフスタイルに合うから?もあるが、

、、やはりエラーで使えないとか、サイト(チャージとか残高確認とか)が、システムメンテで使えない等の時間が、大変少ないからではないか。そういうシンプルな理由のように思う。



たとえば楽天デビットでは、「デビットカードであるがゆえに支払えない場面」というのはあると思うが、それ以外では「必ず使える」というイメージを持っている。これが大きい。「Edy」も同様だ。

楽天銀行は、電話オペレーターのつながりやすさの件など、コストを削減していると思われ、そうした問い合わせなど一面では不便である。しかし、そもそも問い合わせたくなるような状況自体が、ほとんど発生しないのだ。



クレジットカードについては、1枚しか持たないのであまり分からないが、どうやらPCやスマホでの確認しやすさについては、各社でかなりの差があるようである。買い物時の決済そのものは確実に行えるとしても、IT時代における使い勝手に差がでてしまう。

「ポイントがよく貯まるとして作ってみたが、サイトがあまりに使いにくくて解約してしまった」などの話も聞かれる。



確かnanacoでは、システムメンテか何かにあたって携帯から情報が見られないっていうことがあって、それは正当だったのだと思うが「まあいいか、あまり使わないでも」となってしまった。

また最近おさいふPontaをGETしたりしてみたが、会員情報登録画面を見ようとしたらFireFoxで行えずOperaを使用するという一幕があった。こういうのもマイナスポイントになる。



たとえばだが、カード型Suicaが、改札機や駅の自販機で使えないというのは、あまり聞かないのではないか。当たり前かもしれないが。何かでエラーが出ても、駅員がすぐ対応してくれるし、だいたいユーザー側に理由がある。

電子マネーが普及したが乱立傾向はあるし、デビットの他VISAやJCBのプリペイドなども登場している。そういう中では、利用可能店舗数といったタテマエ的なものではなく、「実際に・いつでも快適に利用できるか」どうかが、ユーザーをつかむ上でポイントになると思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。動物問題への関心を高めています。Twitter、Youtubeもあります。ブログはこちらFC2がメインです。

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR