スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーボステー

検索キーワードを洗ってみると、「サーボステー」というのが、いくつか有った。

・樹脂製サーボステーで固定する
特に大きな失敗にはならないが、サーボが動いてしまうことがある。
タイヤもつけた車体を地面に置き、ステアしてみるとサーボのヨレが発見できることも。

シャシーロールを阻害することはない。

・両面テープのみで固定する
両面テープのチョイスが適切でないと、サーボが動いたり、剥がれやすくなったりする。

ヨコモ ZC-203 サーボ固定用両面テープ

ヨコモ ZC-203 サーボ固定用両面テープ
価格:93円(税込、送料別)



このような定番のテープを用いると、それほど失敗がない。
よく脱脂すること、接着時に多少温めるなどで、より確実になる。

サーボの位置を微調整するため(何かに干渉するなど)、テープを厚く重ねると、当然ヨレやすくなる。
そうした場合は、間に硬い板をかませるなどすれば、失敗しにくい。

キット本来のサーボ位置から少しずらして固定したいとか、かなり異なる位置にサーボを固定したいとか、その辺の要求にも応える方法だ。

一部外国製キットなどでは、非常に安易に両面テープが指定されていることもあった。日本だったら当然ステーどめが指定されていそうな廉価キットでもだ。それでどうも不満な場合はテープの種類を見直したり(大体はこのNakamatsuで良い)、ステーを使うことでビシっとする。

・アルミ製サーボステー
タミヤ等のアルミ製サーボステイは、樹脂製のものより、よりしっかりとサーボを固定できる。



体感するかはともかく、重量増があるのがデメリットの一個目といえる。
(ただしルール適合のため車重を増したい場合には良いだろう)

しっかりと固定はできるのだが、クラッシュ等でサーボがずれると、樹脂製ステーのように受け止めてくれないので、ずれたままになりやすいのも、難点といえば難点。

また、シャシーロールに影響を与えてしまうことも。僕自身はそこまで体感できないが、たとえば同じような仕様の車2台を比べて、何か微妙に違うといった場合、この辺を変えることで、望むフィーリングに近づく場合もある。
ここらへんは、気軽に遊びたいユーザーと、コーナーでの微妙なフィーリングにこだわるユーザーとでだいぶ差が出る。

また、扱いによっては樹脂ステーよりネジが緩みやすくなるので、ときどき増し締めしたりしたい。電動カーの場合はネジ止めまでは不要だろう。

・サーボステーと両面テープを併用する
これが意外と使える方法。ステーだけでは今ひとつシックリ来ない時、補助的にテープ固定を試してみる。
アルミ製サーボステーよりも、樹脂製ステー+両面のほうが安価で、かつフィーリングが良い場合もある。

・シューグーで接着する
昔からある方法。



最も軽量で、かつしっかりと固定できる。
ただ、若干なり柔軟性を持つ「両面テープ」とは異なるので、一概にこちらが良いとも言い難い。

RC初心者や、レース初心者のクルマを操縦させてもらうと、どうもステア周りに違和感を感じることが多い。そして1-2LAPでピットに入れて調べると、サーボ固定やサーボセイバーに問題があることが多い。経験上。

アンダーとかオーバーとかいう以前に、ステアがちゃんと切れていないのだ。その為に曲がらなかったり、コーナー特性が不安定なように感じたりしてしまう。

またセッティングのおもしろさにハマってきたころ、忘れがちになるポイントかもしれない。筆者も1990年代、F102やF103、Cカーにハマり好結果等が出た「あと」に、この辺の難しさを知った(難しいというか、僕が忘れやすいだけかw)






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。動物問題への関心を高めています。Twitter、Youtubeもあります。ブログはこちらFC2がメインです。

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。