スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パネル展などに参加して

3月20日 東京ランウェイ(原宿駅近く歩道橋下)

ふだんからデモ・イベントなどで合流するメンバーを中心に、NOFURアクションを行った。

panel1b.jpg


この日は非常にあたたかかったため、毛皮着用率はほぼ0。
仮にクロゼットに毛皮を持っていても、ちょっと考えてもらう機会には、なったように思う。

3月23日 ALIVEさん大宮パネル展見学(最後にちょっと手伝い)

動物問題をテーマにいくつかの大型パネルを掲示。クール感がある。
久しぶりにALIVE活動に接したが、静かで鋭いイメージはまた独特のよさがある。


panel2.jpg

その事もあるが、やはり道行く人の層が違うというか、あるいはモードが違うというか、
(自分のような埼玉人も大宮にいる場合と東京にいるときは少し違ってしまう)
ウォッチ率が非常によく、効果が上がっていると感じた。

4月14日 有志による大宮パネル展に参加。

もともと知っている人は一名ほどだったが、あたたかい雰囲気ですぐに溶け込めた。
毛皮問題を中心とするものだったが、殺処分問題のパネルに関心を示す人が多かった。

panel3a.jpg


仕事でチラシを配っている人も貰ってくれる、高校生などが積極的に話を聞いてくれる、など…

やはり大宮は手応えを感じるし、
動物問題を抜きとしても、育った地域の人のあったかさを感じられるのは、うれしいものだ。
4月20日 アースデイにあわせ、3月20日と同じ場所でほぼ同様にアクション。


panel4.jpg

やはり素通りしてしまう方が多い印象だったが、60代位の男性が熱心に話を聴いてくれたり、
近くのビッグイシュー関係の人が元アニマルライツ・バンドの人だったり、
東京ならではの良さもまた感じた。

この日は極寒となり、アースデイが終わるころには、もうそれは、非常に寒かったのである。

これまでは、主に数十~400名規模の大規模アクションに出ているだけだったが、

小規模なものに出ることでも得られるものがあるし、
人数がいなくても、アピールは十分に可能、と改めて思ったのである。

上記どれも数名-15名程度のアクションで、ALIVEさんのものに至っては2名である。
しかし、展覧会というか、それこそ美術館のように考えれば(見てもらうことが目的)、
「係員」は、そんなに居なくってもいいのである。とも思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。動物問題への関心を高めています。Twitter、Youtubeもあります。ブログはこちらFC2がメインです。

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。