スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オプティマと聞いて思うこと・・・RCにおけるキャラクター性、兄弟車みたいのとか

ミニッツバギー・オプティマについて触れた記事へのアクセスが多いようだ。
軽く触れただけで、特に実用性は無いのだが(笑)
これもいつか、懐かしい思い出になるのだろうか。何でも始めてみると面白いものだ。

さてオプティマといえば、ジャベリンである。パイプフレーム型のものであり、平たく言えば外装違い。
兄弟車ともいえるだろう。

タミヤのバギーももちろん個性が強く、それだからタムギアとしてアレンジしても見ごたえがあるし、
当時でもミニ四駆化されたりQDなどが発売されたり、という展開があった。
タミヤでも、時間を置いて2台がセット的に展開されたことはある。
しかし、派生車や進化系という色合いのものも多く、他社の兄弟バギー攻勢とは少し違ったように思う。

マルイのザ・ハンターとギャラクシー、あるいは無限ブルドッグの初代と「2(多少中も違うが)」
のように、パイプフレームとポリカタイプの2バージョンが出ることも多かった。
僕がなんとか組んでちょっとだけ走らせたサムライはパイプフレームとポリカで構成されていて、
屋根はアルミ製だったと思う。今思えばソレが何なんだということだけども、当時はそういうことが大事だった。

あるいは、4WDと「FWD」に機構だけでなくて意匠的な共通性を持たせたバギー(ニチモなど)も見受けられた。

自分が好きだったダンディーダッシュも上位バージョンのスーパースプリントと共に発売された。
※派生したレースモデルであるブラットには兄弟車的なものは無い。

そして勿論、箱絵というかその車の色が決まっており、オプティマといえばやはり白青黄色、
ダンディーダッシュは「黄色」であった。それで、皆が皆そう塗るわけではないからソレがまた面白かった。
「こんな風に塗るなら、箱の色で塗ったほうが良いじゃんか」「そんなことネエよ」といった会話が懐かしい。

やはりこのころの時代は、実車でも兄弟車が花盛りであり、
マーク2/チェイサー/クレスタ、レビン/トレノなどはもちろんのこと、
街中では兄弟車設定の無い車を探す方が苦労するくらいだった。

またレースの世界でも、車のキャラクター性を無理やりにでもつける方向があり、
日産スーパーシルエット3兄弟や、どう考えてもCカーなのにスカイライン/シルビア/フェアレディ(笑)
などというのが受け入れられたのにもつながると思う。
シルエットではブルーバード、Cカーではフェアレディと気配り??されているあたりは微笑ましい。

レーザーZX+RWDはトライアンフ、といった時代(90年代に突入)から、兄弟車の感覚は無くなり、
リアウイングの無いレーシングバギーも殆ど見かけなくなった。
同じプラットフォームを使って色々と活かすことはあっても、やや違うノリになっていったように思う。
(ジュニア的存在、何々の「ライトバージョン」のようなのは今も昔もあるが)

こんな風に書いていくと、今の車は個性が無いとかっていうマトメになりそうだが、
そうは思わない。オン/オフ、レース向けか否かを問わず、
大方の車種はどこのメーカのものだか見分けがつくし、少なくとも言われれば「ああ、○○らしいな」と思える。
RCカーにはそれぞれ十分なキャラクターがあると思う。

http://www.youtube.com/watch?v=MhQaZdp-WHQ
1986当時のオフロードシーン。なんともすごいビデオだ。

バギーブーム世代ではあるが、本格的レースとしては90年代のタミヤオンロードが僕の始まり。
このころの僕はまだまだ、RCレースなんてのは観にいくものでしかなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。動物問題への関心を高めています。Twitter、Youtubeもあります。ブログはこちらFC2がメインです。

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。