FC2ブログ

グリセリン&プロピレングリコール購入で経済的に

Vapeのリキッド代は、タバコ等と比べれば遥かに安い。

自分が最近吸っているものだと、10ml700円、あるいは30ml1,600円といったプライス。

おおよそ、2ml/日(AIO等良くあるペンタイプのタンク容量)を消費するという目安で良いかと思う。
つまり月に60mlである。

10mlなど割高な分量で買えば、4,000円を超えてしまうし、30mlでも3,000円ほどにはなる。
最初のうちは、「色々試す」がどうしてもあるし「合わない銘柄を買ってしまう」などもあるため、高くなるのは仕方ない。これは別の分野でも同じだろう。

<VGとPGで割安に>

グリセリン(ヴェジタブル・グリセリン、VG)とプロピレングリコール(PG)を単体で購入すると、かなりコストを下げられる。
どちらも、扱いやすい(高めな)容量で買ったとしても、100ml/300円程度にて手に入る。これだけを使っているならば1,000円以下で半年ぐらい持たすことも可能だ。

そこまで行かなくても、リキッドをこれで割る、あるいはこれにリキッドを足す、という考えにするのでも十分安くなる。
それはユニコーンボトル・スポイトボトル等でやってもよいし、個人的にはラフに、「その時だけのブレンド」を直にタンク内で作ってしまうことも多くなっている。

pgvg.jpg

特にグリセリンは衛生的に保つのに注意がいる。VGやPGの容器に直接スポイトを突っ込んだりせず、一旦小分け容器に入れるのが良いだろう。
こうした製品では10mmほどの開口部となっているので、小分けボトルに移すにあたり、ロウトや皿などを使ってもいいと思う。

<粘度を調整する>

一般にVG:PGは70:30、60:40、50:50が多い。
右に行く程サラサラと柔らかくなり、スピットバックは多くなる。リキッドのフレーバーは出やすい傾向になると思う。
左に行くほど硬く、かつ煙が出る。

プルームテック用アトマイザーなど数ワットのものでは、案外どれでも行ける印象がある。
しかし、製品・組み合わせに依っては高VGではコットンに上手くリキッドが行き渡らず、「焦げ」やすくなる。
例えば乾いた台所用スポンジに水を垂らせば直ぐ浸透するが、粘度のある油ではそうは行かない。そんな感じだ。

この辺の意味で、たとえばPGを少し増やして調整するのもいいと思っている。

例としてeGoAIOでは、小型ながら20W以上の出力があるため、コイルが焦げやすい面もある。一方で、構造上のことからスピットバック(液撥ね、パチパチ)が出やすいという面もある。前者を低減するにはPGを増やし、後者を減らすならVGを足すと良いかもしれない。

おわり













スポンサーサイト
プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。心理学(臨床等でない)、動物倫理・ベジレシピの話なども。アメブロよりはディープめな話、わかりにくい話などを書いていますw

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR