さいたま市 コミュニティサイクル

2013年からスタートしているのが、さいたま市コミュニティサイクル。
市内の人も、そうでない人も利用可能だ。
必要なものはSuicaかPASMO。

http://saitama-cycle.jp/

2013年の時点と比べると、ポートが格段に増えている。現実的だと感じたので登録した。

本投稿の時点(2014年9月)では、まだ旧大宮+さいたま新都心&与野で便利、という感じで、
浦和駅や北浦和、武蔵浦和などの方面には全くポートがない。
だが、一先ず大宮、与野、新都心の範囲で考えると、ポート配置もなかなか良く考えられており、十分使える。

コミュニティサイクル1
(写真は、土呂駅ポート)


登録

会員の種別は、いつでも100円から利用できる<一時利用>を選択した。
Webで行う仮登録のあと現地(各ポート)での本登録を行うが、この間の期限は特にない。
SMSを利用した認証だ。メールアドレスの登録は要らない。

Suicaでの支払いだが、最初の30分100円は「初乗り」のような形で先に購入し、
返却時に、1時間につき100円の料金を支払う。30分以内で乗った場合は返却時無料だがタッチは要る。
このポートの清算機ではチャージが出来ないので、駅などで1,000円ほど入れておくとよいだろう。

また、現金でも支払えるし、返却時に支払う分は、次回利用時に支払ってもよいシステムだ。

この他 下記二点の方法で使える
・月2,500円で乗り放題の「定期利用」
・500円からの「ビジター利用」

大宮駅西口ポートで本登録をした。そごうの裏、少し入ったところにある。
近くにはおしゃれなカフェも。

Webサイトで電話番号を入力すると携帯やスマホにワンタイムパス入りのSMSメッセージが届くので、
それを携えて本登録だ。

清算機が物凄く使いよいとは感じず、初日は少し戸惑ったが、2,3回利用すれば慣れてしまう。
詳細は省くが、乗るとき降りるときにSuica/PASMOタッチと清算機の操作を行うだけ。領収証も出る。



自転車

サイトを見ても分かりにくかったのが「鍵」だが、現地で見ると、なんのことはない普通の鍵がついていた。

コミュニティサイクル2


唯一調整する箇所がサドルのポジションだ。無理せず足がしっかりつくように。
良く使うなら「スマホの長さ+指何本」であるとか、目安をつくっておくと、より素早く調整できて便利だ。

コミュニティサイクル4

パナソニック製乗り味はよい。普段乗りの自転車に比べ、タイヤ調整がしっかりしているのを感じる(笑)
ブレーキ調整も良く、効き過ぎてカクカクしたりはしないし、しっかり効く。

グリップシフトの三段変速だ。
2速が基本で坂などは一速、ややクルージングできる場面では3速か。まあさほど問題ない味付けに感じる。
ライトは、自動点灯。点け忘れもないし、ハブダイナモなので足への負担も非常に軽い。
内装式で作動は安定しているから、「ギアつきはチェーンが外れたり・・・」といった心配も無いし、裾の汚れもない。

20インチの小径タイヤなので、少しクイックな感じはする。
小型だがかごはあるので、
簡単な買い物や通勤カバンのような物は、問題なく運べる。

ハンドルは、こんな感じ。一時期はやったバータイプ等のような無理も感じない。

コミュニティサイクル5

後から分かったが、最初使った大宮駅西口ポートが特別だ。今のところ唯一の屋内だろうか。
ターミナルポートのような位置付け?他のラック式ポートより、やや利用に慣れが要る感じもある。
ただし、親切な係員さんもいるので、サイクルに慣れないうちや初回は、一度使うと良いかも。
他が10-20台程度の中、ここだけ150台収容可とあって返却に戸惑うことはない。

一方の大宮駅東口ポートはまず迷わない位置。東口を出て右側、南側を見れば誰でも気づく。台数も意外とある。
大宮で台数不足なら、個人的には北与野や新都心を当たってみるな。



ポート配車状況の一例

実際のポート状況を見てみよう。

2014年9月 ある日のポート状況 (PC・スマホ・ケータイでも直ぐ確認できる)

平日 15時 
大宮駅西口 貸出可能台数 17台

与野本町駅 貸出可能台数 14台 返却可能台数 6台
土呂駅 貸出可能台数 7台 返却可能台数 15台
三橋総合公園 貸出可能台数 3台 返却可能台数 6台
大宮駅東口 貸出可能台数 11台 返却可能台数 9台
与野駅 貸出可能台数 7台 返却可能台数 4台
北区役所 貸出可能台数 5台 返却可能台数 5台
大宮盆栽美術館 貸出可能台数 2台 返却可能台数 6台
NACK5スタジアム 貸出可能台数 1台 返却可能台数 8台
大宮図書館 貸出可能台数 2台 返却可能台数 8台
合併記念見沼公園 貸出可能台数 6台 返却可能台数 4台
日進駅 貸出可能台数 7台 返却可能台数 18台
与野公園駅 貸出可能台数 1台 返却可能台数 7台
イオン大宮店 貸出可能台数 6台 返却可能台数 6台
北大宮駅 貸出可能台数 3台 返却可能台数 9台
桜木駐車場 貸出可能台数 7台 返却可能台数 5台
鉄道博物館駅 貸出可能台数 3台 返却可能台数 9台
さいたま新都心駅東口 貸出可能台数 9台 返却可能台数 6台
ミニストップ鉄道博物館駅前店 貸出可能台数 3台 返却可能台数 5台
北与野駅 貸出可能台数 2台 返却可能台数 14台

平日 深夜0時
大宮駅西口 貸出可能台数 7台

与野本町駅 貸出可能台数 0台 返却可能台数 20台
土呂駅 貸出可能台数 8台 返却可能台数 14台
三橋総合公園 貸出可能台数 4台 返却可能台数 5台
大宮駅東口 貸出可能台数 7台 返却可能台数 13台
北区役所 貸出可能台数 6台 返却可能台数 4台
大宮盆栽美術館 貸出可能台数 1台 返却可能台数 7台
NACK5スタジアム 貸出可能台数 4台 返却可能台数 5台
大宮図書館 貸出可能台数 5台 返却可能台数 5台
合併記念見沼公園 貸出可能台数 5台 返却可能台数 5台
日進駅 貸出可能台数 12台 返却可能台数 13台
与野公園駅 貸出可能台数 0台 返却可能台数 8台
イオン大宮店 貸出可能台数 6台 返却可能台数 6台
北大宮駅 貸出可能台数 4台 返却可能台数 8台
桜木駐車場 貸出可能台数 1台 返却可能台数 11台
鉄道博物館駅 貸出可能台数 4台 返却可能台数 8台
さいたま新都心駅東口 貸出可能台数 0台 返却可能台数 15台
ミニストップ鉄道博物館駅前店 貸出可能台数 3台 返却可能台数 5台
北与野駅 貸出可能台数 1台 返却可能台数 15台

平日の1例を示すとこんな感じ。休日でも「返せない」という事態は少ない。
しかし家族、友人と2名以上での利用を考えると、少し物足りない感じはある。

また
清算機:全てあり(登録操作はどこのポートでも可能)
時間:全て24時間対応

このあたりも安心感が高い。



各ポートを上手く活用

いまのところ、多くのポートは駅に近い。
ポートに自転車を付けて散歩していて、
ポートに戻ったら自転車が0台、他のポートは歩くには遠い、という事もあるだろうが、
時間的に電車さえ走っていれば、帰れなくなってしまうことはない。

合併記念見沼公園(自治医大医療センター南側)や、特に三橋総合公園は、
バス時間を確認して利用したい。

休日にはやはり鉄道博物館駅のポートで利用が多いようだ。
大宮駅に戻るなら帰りはニューシャトルで、というのも良いだろう。

大宮駅で借りられない場合は、桜木駐車場、或いは一駅乗って北与野駅さいたま新都心が便利だ。

さいたま新都心駅隣接のポートは一箇所。しかし西方向にある北与野駅にも陸橋で歩いていけるし、
氷川神社などを散策するなら、大宮駅東口大宮図書館のポートを利用しても良いだろう。

またNACK5スタジアムも人気ポートと思うが、
この場合は大宮図書館が近いし、北大宮駅も500m程度だ。

イオン大宮店は、日進駅鉄道博物館駅とやはり500m圏内となる。

与野公園も、与野本町駅まで5-600mである。

このあたり、「ここのポートにないなら、あそこで」と、実に気軽である。
土地に慣れていればそれこそ舞うように使えるだろうし、今ならモバイルで地図調べも負担がない。

また、何も目的地の最寄ポートにつける必要はなく、「ひとポート」ぐらい歩いてよいと考えればより気軽。

コミュニティサイクル3

現時点では、まずない事態だとは思うが、満車で停められない場合の注意が、かごに取り付けられてある。
なかなか行き届いた配慮を感じる。



かゆいところに手が届く、的便利さ

・これまで、電車だけではいけず、駅からのバスが便利でないとか、駅からタクシーを利用していたところ で便利

とても便利になる。歩きでは厳しいがタクシーを使うのももったいない、というシチュエーションにぴったりだ。

・住民側 上記のように、やや電車だけでのアクセスがしづらい地域の人 に便利


良くあるのが、「ふだん駅までMy自転車を使っているが、知人を自宅に呼ぼうとしたら駅から徒歩で遠い」というケース。
なかなか、知人や親戚等を呼びづらかった場合でも、コミュニティサイクルで来て貰うことが出来る。
車での出迎えやタクシー利用といったわずらわしさもないし、自転車で連れ立っての近隣散歩も出来る。

コミュニティサイクルをどう使うかも、最初は旧来の交通をベースに考えがちだ。
しかし乗るのを続けることで、新しい使い方、便利さ、遊び方が自然と見えてくる
のではないか。

足腰の悪い人でも意外と自転車がフィットするケースはあり、健康的だ。



各地で展開されているが・・・

川越や高崎のほか、東京や千葉、神奈川でも供されているのがこのコミュニティサイクルだが、
ネックになってくるのは、それぞれに登録する面倒さだろう。

※さいたま市の場合は、ビジターでも1日500円~で利用できる。
クレジットカードも要しない。
あまり使わない・ビジター的に使う人が一時利用(30分100円~以降1h100円)の登録をしても、
特に手間はかからない(ネットで会員登録→現地でSuicaとワンタイムパスワードで登録)。これらは良い点だ。



身軽で実用的

余談で、コミュニティサイクルについて調べていると、折りたたみ自転車についてもいろいろ出てきた。
なかなか高級なものもある。自転車は、ここ数年、ブームを感じる。

ただ、自転車の所有やメンテナンスが目的化している人がいるようにも感じる。
それらも好き好き、どうこう言うことではないが、本当にしたいことは何か?は、時々確認したい。
個人的には最近あまり物欲もないし、このコミュニティサイクル、性にあっている。
独特の身軽さを感じることができる。



なかなか良いサービスかな

コミュニティサイクル6
(写真は、桜木駐車場)

まちのサービスとしても、「作ったから適当に使って」のようなものではなく、
なかなか練りこまれている。これで浦和方面に網が広がれば、より良くなる。
一つ一つのポート拡大は限界もありそうだが、高架下などポート増設で可能性は広がるかな。
スポンサーサイト
プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。動物問題への関心を高めています。Twitter、Youtubeもあります。ブログはこちらFC2がメインです。

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR