実り多かった2013年

2013年は驚くほどの変化が有った。自分の中でだけれども。

AR活動(アピール系、勉強会系など)に、とにかく沢山赴いたし、その赴いたせいか、沢山の新しい出会いが有った。

●まずは大宮・川口でのアクションに出るようになったことだ。というか、それまで知らなかったのだ。Twitterでたまたま流れてきた情報により、これを知り、出られるものは全て出ることにした。

人の反応が東京(都心部)とは違うことに驚き、かつて感じたことのない手応えをつかんだ。そうなると所謂「やりがい」が出てきて、疲れている場合であったとしても、相当な力が出るようになった。

それぞれ隔月であるから、真夏にもやる。初夏にもやる。:;@@@@@@@@:¥(←これは猫がノートパソコンの上を通って行った結果。)人々が毛皮を着るはずがない時期にやるのは、かなり効くようだ。

ここではうずらさん、なんママさん、高橋冬樹さんなどとの出会いがあった。
大宮などでパネル展をやっているPEACEメンバーさんと知り合えたのもまた収穫で。

●もうひとつ大きな柱になったのが「生命倫理サロン」だ。これはPEACEのメンバーと春に食事をした際、何気なく言われて行ったのだ。

PEACE東さんが喋る回だったので行ったわけだが、その回だけではなく、ほぼ隔月で行われているこのサロンに行くのが恒例となった。あまり動物動物とこだわらず、(つまり人間人間ともこだわらず)参加することで、まあ主に聴くのがメインとはいえ、大変勉強になった。

●東京でのみぃさんやめー子さん主催アクションにも2度ほどだが参加。
やはり、毛皮に縁遠い時期に行うのは(も)効果があるように思った。

●さらに、ARCの主催にて田上孝一先生の講演会を聴けたこともまた、大きかった(11月、渋谷)。数十名の参加が有ったし、これで、倫理って何?みたいな会話は大分減ってくると思う。勿論自分自身も、最低限の事を人に説明できるよう、改めて勉強しようという気分になった。

●ずーっと出ているデモに関しては、東京、横浜と各一回のNoFur。とりあえず、滞り無く終わって安心だ。必要なくなるのが一番なのだが。

●それから「しまむら」の件でも、新しく数名と知り合った。

●3月には杉本彩さんのシンポジウムも行われ、時代が変わってきていることを感じた。

●Change.orgのミーティングにも参加した。

◆今年(年度)からは、寝床兼仕事場であったアパートの取り壊しのため、引っ越して実家暮らしに戻ってしまったのだが、それもAR活動に積極的になれた理由かもしれない。これには意味が2つ有って、多少なり生活に楽さが有るのでやれた面もあるし、転居というのは仮に成功してもストレスなので、そのストレスにやられないよう、ARに打ち込んだ(自分の範囲でだが)面もある(実家には、しょっちゅう行っていたので余り違和感がなかったが、やはり1年近く経つと、ジワジワといろいろな変化があったのだと分かる)。
それから、やはり野上さんのことがあったので、今動ける自分がやらなくては‥との思いも、無意識的にはあったのかもしれない。

…ともあれ、知り合った多くの皆さん、従来からの知り合いの方々、それからネットでの様々な人々、
諸々感謝である。
そして、いつかこういう活動が、必要なくなる日を祈って。
スポンサーサイト
プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。動物問題への関心を高めています。Twitter、Youtubeもあります。ブログはこちらFC2がメインです。

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR