FC2ブログ

Joyetech eVic Primo SE (ジョイテック イービック プリモ エスイー)

Joyetech eVic Primo SE を入手。※本記事執筆は2週間後

自身で初のテクニカルMOD。「SE」は「Mini」とたいして変わらないものらしく、18650バッテリー1個を使用する。

18650バッテリーとは18×65.0mmのサイズを指している。今回は、SONYのVTC4タイプ(2100mAh、リチウムマンガン)がショップとしてのセット販売であった。

evicstart1.jpg
AIOもそうだったが、Joyetechのパッケージは凝縮感がある感じ。

ProCoreSE」というフルグラスチューブのクリアロマイザー(プリメイドコイルを使うタイプ)とのセット品。

evicstart2.jpg
あれこれ。

本体充電は2Aまで対応で、充電・通信用USBケーブルつき。

各国で事情が違う「ACアダプタ」は付属せず、VAPEでは一般的。1Aが良いならプルームテックに使っているものがそのまま使える。というのも、本体充電2Aはどうも熱くなるし、そうしたレビューもある。1Aでは一切問題なし。2Aとするなら別体充電器が良さそう。

マニュアル(Joyetech社サイト) http://www.joyetech.com/manuals/

evicstart3.jpg
「510スレッド」を使用しているので、汎用のアトマイザーほとんどが装着できる。直径は25mmまで。直径が小さいものももちろん問題ない。

やはり、アトマイザーを選べるのが、MODタイプの良さだろう。

逆の考えで、好きなアトマイザーに合うMODを…とのアプローチもあるだろうし、多分その方が良い気もする。にしてもまずMODがないと好きなアトマイザーを探せない。

evicstart4.jpg
底部からバッテリーを入れる。フタは結構重いと感じる。ツメとツメの受け部が弱そうに見えなくもないが、実際には問題なさそうで、破損したというレビューなどは見ていない。

evicstart8.jpg
高級感たっぷりとは行かないものの、各種写真等から思っていたほどのチープ感はない。案外ガッチリしていて何より使っていて安心できるし、カーボン調部分の見た目もそうアレな仕上がりではなく、気取らずカジュアルに使用できる。

evicstartx1.jpg
gloとほとんど同サイズだが、アトマイザーをつけるとgloより長い分スリムな印象。上から見るとgloを逆にしたようなオーバル形状だ。MODタイプとしたら細身で握りやすいデバイスだと思う。もっとも、MODの「箱っぽさ」を求めるなら、別のものがいいとも感じる。

----
evicstart5.jpg
プロコアSEアトマイザー。

ボトムエアフローなのだが、トップキャップ部一体型。逆さにしてアトマイザーを外しタンク下部からリキッド注入・追加する。AIOのような迅速なリキッドチャージはできない。

エアフローの回転は買ったときは重く、方向によってアトマイザーがともに回ってしまうぐらい。しかしリキッドで潤滑し数日も使うと適度な軽さになった(意図的に潤滑しなくても、リキッド分が多少は染みるので自動でそうなると思うが)。

アトマイザーのカラバリについては、エアフロー調整リングが違うだけで、個別にも入手できる。※日本のサイト・ショップで売っているかは不明 https://www.totallywicked-eliquid.co.uk/joyetech-procore-se-airflow-control-ring.html

付属コイルは0.4ΩDL(40-80W、推奨55-65W)、0.25ΩMTL(25-55W、推奨30-40W)の2種類。1つずつ。この2つはカンタル製で、本機の温度管理モードは利用できない、と。 カンタル(鉄・クロム・アルミ合金のひとつ)は熱伝導率が高い。





DLとMTL、抵抗値が逆では?と思うところだけれど、0.25Ωはコイル内経が細く、ミストも「直径3-4mmな感じ」で口内に入ってくる。確かにMTLっぽくは感じる。
----

evicstart6.jpg
フル装備状態で164g。

電池なし本体のみ82g、プロコアSE38gほど。

evicstartx2.jpg
パフボタン5クリックで電源ON/OFF。VAPEではスタンダードのようだ。

左上にコイル抵抗値が表示されるところが、テクニカルMODらしくて面白い。AIOのような一体型でもそういう事は原理的にはできるが、あんまり意味がないだろう。

充電にあたってのボタン操作はない。これもまたVAPEでは普通のよう。

<Powerモード>
ひとまずワッテージ調整で使おうと思うと、まずパフボタン3クリックでモード選択に入る。そこで左右のサブボタンでPOWERモードを選択。放置かパフボタン1クリックでPOWERモードになる。

あとは左右ボタンでワッテージを選び、パフするだけ。

evicstart7.jpg
パフボタンは大きく押しやすいと感じる。かといって誤操作しやすいような印象もない。

左右サブボタンは、パフボタンに比べれば適度に「押しにくさ」が与えられており、良いデザインと思う。

<Bypassモード>
バイパスモードにすると、電池の力がダイレクトに使われる。

Bypassでは、たとえば0.4Ωコイル+18650(VTC4)バッテリー使用中、「0.41Ω、31.7W、3.61V」といった状態も表示される。

電流 I =E/Rだから、3.61V÷0.41Ωで、8.80Aほどが流れている。 電力 P =IEだから、3.61V×8.80で、31.7W、というわけ。

Powerモード時、(電池やコイルが同じなのに)バイパス時のそれを超えたW設定となる状況では「昇圧」が行われる、とわかる。実際Bypassで使うのではなくても、電池に無理をかけすぎていないかなど参考とはなる。

<その他モード>
温度管理モードについては、まだ利用していないので割愛。

<温度表示など>
華氏表示になっているのが気になる場合、何らかの温度管理モードを選んだ後、温度の最下限または最上限までサブボタンを押していき、そこでさらに1クリックすると摂氏・華氏が切り替わる。バッテリー温度等が表示されるわけでもないので、POWERで使っている場合、現実的には華氏・摂氏いずれのままでも差し支えなし。

evic1.jpg
AIOは光るので、全く光らないVAPEは何か寂しくも感じるが、ディスプレーがあるから、控えめなりに華やぎを見せる。

2週間使用し、基本操作には何も問題を感じない。0.4DLを使っているがまだ焦げ感等はない。

時計は、表示時間を長めにしても便利。パフボタンと右側サブボタン同時長押し+右側ボタンで「Screen」を選び、左側ボタンで好きな時間を選んで「放置かパフボタン1クリック」で設定。

プロコアSEアトマイザーは良いとも悪いともわからないが、少なくともリキッドチャージしやすいとは言えない。もし同じようなもので使い勝手だけ変えたければプロコアAriesが良さそう。各部が固く締まりすぎた場合(強く締めていなくても、隙間に染みたリキッドが時間経過で飛ぶなどでそうなるのだろう)は、コイル周りは専用治具、他、適宜ゴム手を使っている。510ドリップチップが上部に付けられるから、そこでのちょっとした遊び・微調整は可能。

1W単位での調整で小さなアトマイザーから大型まで何でも対応できそうだし、操作も特に難しくない。ま、eVic Primo SE、買って損なしではあった。






スポンサーサイト

eGoAIOのコイル(0.6Ω)は大体2週間か

今朝焦げっぽさを感じたので、交換

9月末本体購入→10月8日(付属コイル1個め終了)→10月22日あたり(付属コイル2個め終了)→本日(3個め(別途購入コイル1個め)終了)。

こういったペースになっている。

1811egocoil.jpg

見ての通り、焦げが生じている。
(アトマイザーヘッド下部のフタを外し、コイルの足を引っ張ると取り出せる)

・・

下記リンクでは、Hilax(今回購入)、FIRST VAPE(トリエンジェル、本体付属品コイル購入)、smartsmokers(各種VAPE製品購入) となっています。










オワリ

プルームテック × 互換アトマイザー × DURASMOKEリキッド

9月より使い始め、そこそこローテーション入りしているPloomTECH。

1810ptsd.jpg
このように、完全電子タバコ状態でも楽しめる。

suyell のアトマイザーを使用。この類の品は多いが、比較的丈夫でひと月は持つ。

一般的なVAPEユーザーには足りない・コスパ良くなしと思われるDURASMOKEリキッドのボリューム(10ml)も、このサイズの電子タバコであればちょうど良い。

VG(ヴェジタブル・グリセリン)とPG(プロピレングリコール)の比率が50:50。パッケージにはないがボトルに記載がある。

同70:30または60:40が多い一般リキッドより粘度が低い。これによりボールペン型VAPEにも良くマッチする印象を受ける。

ptba2.jpg

むろん、たばこカプセルをつけての愉しみも可能。

視線が「いかに紙巻きタバコに近いか」ならば、やはりgloやIQOSには引けを取る。しかしカプセルを付けているのなら、実際にタバコである。

「いかにVAPEっぽいか」であるなら、それはPloomTECHであり、実際にVAPEでもある。

このあたり、自分が何を求めているのか、良い意味でわからなくなってくるのもPloomTECHの面白い点である。

eGoAIOとともに愛用していると、気づけばPloomTECHはどちらかといえばVAPEの吸い方になってきて、「ドロー」の軽さもむしろ好ましく思うし、「点け始めたら数分で終わりとならない」点なども、特徴とは思わなくなる。

数分…仮に5分として、300秒。ここで10秒に1回パフして漸く30パフ。あるいは、300秒に1-3パフでも同じ時間。そういったのが紙巻きやIQOS、gloなどの提供する世界だ。悪いとかではなく、そういうものなんである。

プルーム・テックの50パフ、あるいは100ぐらいはいけるだろうか。そのあたりは、連続した30分や1時間でも楽しめるし、全くの飛び飛びでも構わない。これも良いとも悪いとも決めつけはできないが、自分に新鮮であった、とは言える。

1810ptsuwell.jpg


カプセルのアリナシに関わらずカプセルを気にしないなら、よりゆったりと楽しめる。気にかける要素をいくらかでも少なくしたいならば、このようなアトマイザーやリキッドが便利だ。

たとえばカプセルからのタバコ感がなくなっても吸い続けるというとセコくもある。しかしさほどニコチンないしニコチン・キックに依存していない人では割とあり得ることで、節煙に結びつく傾向とも言える。

むろん節煙になるからと節煙を意識しないといけないということは、ないだろう。元から何も手にしない選択肢だってあるし、いちいちタバコやVAPEに寄せて言うことでもないのではと思う。

さて新型の登場も、知る限り初夏あたりより、思えば長らく噂されているPloomTECH。それがどのようなものになるにしても、「今のこれ」が多少なり面白いことには、変わりない。

コイルのなかみ

使い終わった eGoAIO のコイル(0.6Ω)だが

コイルなかみ1
何となく触ってみたら本体に接触している部分が取れた。

するとコイルの足らしきものが。

コイルなかみ2
引っ張ってみるとスルッと出てきた。
(コイルユニット?とコイルの方向、置き方が逆ですが)

8mm×40mm弱ぐらいのコットン。

約1ヶ月使ってこれぐらいなのか…。

「吸うことはできるが焦げっぽい」との、最後の体感と合うといえば、合う。

良くわからんが、今後何かの参考にはなるかも。






gloは、紙巻きと比べ安くも高くもない

6月より始め、5ヶ月目に入っているglo

紙巻きでなくこちらを吸うことは増えているし、仮にそれが節煙だというなら、節煙できているだろう。

PloomTECHやPloomTECH改(タバコなしバージョン)、さらに電子タバコに興味を持ち、使い始めたのも今年gloを買ってから。それらもgloがきっかけと言えなくもない。

紙巻きに比して安いかといえば安くはなく、別に高くもないのがglo、とコスト面での印象である。

1箱460-490円

gloでは、KENTシリーズ10銘柄が460円、neoシリーズ6銘柄が490円である。それぞれ20本入。
個人的には後者neoのみ使っている。

紙巻きタバコの場合では、2018年10月現在で…
ハイライト450円、メビウス480円、アメスピ520円/1箱20本入。
いつの間にか格安タバコになっていたキャメルで400円。わかば(旧三級品)では360円 だ。

iQOS用は7銘柄500円/20本入。
プルームテックは5カプセル+1カートリッジで6銘柄490円。
プルームテックは、この490円分を紙巻き1箱分とは単純に考えられない。いずれ別項で解説)

おおよそ500円

個人的に、紙巻き・glo・IQOSの1箱価格は、おおよそ「500円」として考えている。

・・・・

neoシリーズはアメスピよりは30円安く、ハイライトよりは40円高い。

40円の差は、毎日1箱として月に1,200円である。半分であれば600円。30円×30箱なら900円だ。

大きいといえば大きいが、健康面からgloなど加熱式に変えたいなら、気になるほどの差ではないだろう。
かといって、主にコスト面からgloスティックに飛びつくというケースも、また考えにくい。

紙巻きやgloを何箱減らしていくら節約できるか等を考える場合、ちょっと乱暴かもしれないが「だいたい500円/箱」で良いと思う。

3分30秒

gloは、1スティックにつき、「3分30秒」が楽しめる時間である。

これはちょっと短いと思える。

加熱には40秒かかる。しかしあまり「過熱」しない範囲ならばチェーンもできる。トータル5分で1本吸ってチェーンすれば、2時間で1箱なくなるなども一応はあり得る事態である。※どうしてもこれをやりたければ、本体2つ以上を使わないと過負荷だろう

個人差・銘柄による差が大きいところであるが、自分の場合、紙巻き一本で6-7分は楽しめる。
味を損なう点を多少我慢すれば、例えば急用で席を外す場合など、一旦消して再度吸うことも”一応は”できるのが紙巻きだ。

この点では紙巻きがまさり、参考として「1吸いだけ」を重ねてチョイチョイ使うことも可能なPloomTECHは、より上を行っている。

(参考) 2回吸える + 余熱でも吸える

相当セコい話となる。gloは2回喫煙できる。

また、3分30秒経ちLEDが消灯となっても、吸えば水蒸気は出続けるため、+1~2分程度は喫煙らしきものが可能である。

このあたりを上手く使えば、コストを抑えられないこともない。
あんまり考えたくはない技だとは思うが、どうしてもスティックが手に入らないなど切実になった場合には有用だ。

紙巻きでも俗にいう「シケモク」を吸うことは可能だ。しかし「自分の吸いさし」を再度着火して吸うなら、それはもともと吸えた分であり2回吸ったわけではない。わざわざ巻き直すレベルの話は、さすがにやめておこう…。

イニシャルコストは3,000円

gloは、2,980円である。コンビニでも買える。

2018年秋から追加された「シリーズ2」ではデザインのみ変更されていて、3,980円。

オンラインストアで買う場合は送料560円(沖縄1,150円)がかかる。
沖縄から通販としシリーズ2を買った場合で、5,130円である。

さすがにこの意味では紙巻きタバコにはかなわない。何しろマッチやライター、灰皿でスタートできてしまう。

他に必要なものはない

「現実問題として、何か必要なんではないか?」というと、これは不要であった。

強いていうと、充電ケーブル。こちら付属品が50cmであるので、場面によりやや短い。

市販の2A対応のものを(1mタイプ等)、別途揃えても良いかとは思った。
しかし、その程度である。

持ち運びや保管にコストは掛からない

glo本体は、紙巻きタバコ(キングサイズ)の横幅を1cm詰めたぐらいのサイズである。
100gと重さはあるが、形状もシンプルで持ち運びしやすい。

スティックが入った箱の方は、今度は紙巻きタバコ・キングサイズの半分ほどの厚みとなっている。

充電器と充電用ケーブルは要るが、代わりに灰皿は不要。

スティックの保管は、紙巻き同様だ。本体保管についても、高温多湿や水濡れを避け常識的な場所に置けばOKである。

gloでは、公式サイトでもgloストアでも現時点でキャリーケース等を扱わない。これも、持ち運びや保管の容易さを示している。また、購入時の箱もコンパクトかつ大変にしっかりしているので、まとめてしまっておくことも可能。

2台持った場合では

加熱式タバコや電子タバコでは、2台以上持つユーザーが少なくない。
充電や万が一の故障を考えると、そうなるのである。

紙巻きタバコにしても、もしライターやマッチが1つ・1箱しかなければ心もとないだろう。それと同じだ。

gloを2台持てば、単純に言って6-8,000円である。しかし、毎年買い換える必要もない。

そんなに大きな額ではないだろう。というのも、2台めを買おうという場合、gloなりIQOSなりについて親しんだ上での判断となるからだ。

仮の話「毎年6,000円分本体を買う」として、これを無理に月割りすれば、毎月500円の計算となる。

保証
gloには保証がつく。製品登録なしの買ったままで半年、登録すれば1年だ。

もっとも、無償交換等を受けるにあたっても多少の手間ってものはかかるはず。
紙巻き関係ではこういう概念自体が不要であるから、いくらかコスト(手間賃)がかかるとは言えるだろう。

このあたりはgloもIQOSもPloomTECHも同様である。

プルームテックの場合、社外オプションを使うと当然ながら保証対象外に。
ニコチン・タールを含まない電子タバコ的に楽しもうと思うと、そういう使い方となる。
しかし、PloomTECHでは実質的な本体が1,500円のバッテリー。さほど痛手にならないという面もある。

電気代は?無視できる範囲

gloでは、5V2Aで充電を行う。

スマホとほぼ同じであり、月間十数円程度。マッチやライター、ライターに使うガス・オイル等もタダではない。この辺の話は「最低限必要なコスト」としたら無視できる範囲だろう。

オプション・アクセサリー類が不要

gloのオプションといえば、本体にかぶせるスリーブぐらいのもの。

社外品でも、その大半がスリーブやオリジナルケースにとどまっている。

「808D規格(901規格)」を用いるPloomTECHでは、いわゆるボールペン型電子タバコ用のパーツが非常に多く使えるし、カートリッジの消費が早いという欠点を直したければ、社外品パーツにも手が伸びやすい。

gloでは、特に社外品パーツを付けたくなるような場面はない。
そもそも「本体」が存在しない(あるいはタバコ自体が本体とみなされる)紙巻きと、ほぼ同等である。

互換機を気にしなくて良い

IQOSでは、互換機が非常に多く出回っている。

なぜかといえば、ユーザー数が多いのももちろんだが、IQOSが先発機だけに「使い勝手」に一部不満を持つユーザーが多いことも関係している。本体の価格が7,980円~と安くないことも無論関係するだろう。

シンプルで、それこそgloのようなスタイルを持つIQOS互換機が多数巷にある。gloは後発であるため、IQOSで指摘された問題点を意識して作られている。

gloというかgloスティックユーザーであれば、こういった互換機およびそれらを買うコストとは無縁である。考えたり調べたりするコストも掛からない。そもそも、知る限り互換機が存在しない。

吸い殻の処理コストが掛からない

gloの「吸い殻」はスティック新品時の形を保つ。かす・くずは出ない。

スティックの箱にそのまましまうことが可能であり、そのまま捨てられる。基本としてはIQOSも同じだ。

gloスティックの空き箱があればそれで良い。空き箱がない場合、紙巻きタバコの箱があるならそれを使える。

紙巻きでは吸い殻をスマートに処理するのは難しい面があり、「ゴミが溜まる」とは心理的コストとも言えるだろう。この点ではgloがまさっている。

吸う状況が増えてしまうなら、コストはかさむ

紙巻きから加熱に移行していく場合、「ここならマナー上吸っても良いのではないか」とする場やタイミングは、増えることも予想できる。

すると、本数が増えてしまう。

こればかりは個人差も大きく、事細かに論じても仕方ない。しかし紙巻きより本数がかさむ結果があり得ることも、頭には入れておきたい。

安くはならない

結局のところ、紙巻きもgloもコストに大差はないということになる。

「3分30秒」の捉え方により、高いか安いかはかなり違うだろうとは思う。個人的にはマイナーチェンジにて30秒~1分延長されればとも考える。※それ以上はスティックの仕様変更がないと難しいかと

あるいは「2回」のあたりで工夫できないこともないが、基本として紙巻きもgloも、コストはほぼ同様なんである。

6月より始めたgloだが、スティック以外の「ハードウェアの買い物」については余り印象がない。実際何も買っていないのである。

PloomTECH(をカスタマイズすること)や電子タバコは、結構金食い虫な部分があるし、お金の点はいいとしても「それらについて考える時間」が案外とバカにならなかったりする。

gloのおしゃれな本体は、他の加熱式や電子タバコと比べても手間がかからず、ある意味で存在感が薄い。使い慣れたライターのようなもので、それについてアレコレ語ることは出来るとしても、限度があるのである。

「gloはコストも含めて何かと紙巻きに近い」。仮にそうとして、その良さも悪さも、紙巻きユーザーならわかるだろう。

<おわり>




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エレコム glo用 携帯灰皿 防臭 シルバー ET-GLAT1SV
価格:1598円(税込、送料別) (2018/10/11時点)

楽天で購入






ケース・スリーブ類は相当な数があるものの、利便性向上アイテムといったら、灰皿やケーブルなど、極めて限られる。
プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。心理学(臨床等でない)、動物倫理・ベジレシピの話なども。アメブロよりはディープめな話、わかりにくい話などを書いていますw

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR