FC2ブログ

グリセリン&プロピレングリコール購入で経済的に

Vapeのリキッド代は、タバコ等と比べれば遥かに安い。

自分が最近吸っているものだと、10ml700円、あるいは30ml1,600円といったプライス。

おおよそ、2ml/日(AIO等良くあるペンタイプのタンク容量)を消費するという目安で良いかと思う。
つまり月に60mlである。

10mlなど割高な分量で買えば、4,000円を超えてしまうし、30mlでも3,000円ほどにはなる。
最初のうちは、「色々試す」がどうしてもあるし「合わない銘柄を買ってしまう」などもあるため、高くなるのは仕方ない。これは別の分野でも同じだろう。

<VGとPGで割安に>

グリセリン(ヴェジタブル・グリセリン、VG)とプロピレングリコール(PG)を単体で購入すると、かなりコストを下げられる。
どちらも、扱いやすい(高めな)容量で買ったとしても、100ml/300円程度にて手に入る。これだけを使っているならば1,000円以下で半年ぐらい持たすことも可能だ。

そこまで行かなくても、リキッドをこれで割る、あるいはこれにリキッドを足す、という考えにするのでも十分安くなる。
それはユニコーンボトル・スポイトボトル等でやってもよいし、個人的にはラフに、「その時だけのブレンド」を直にタンク内で作ってしまうことも多くなっている。

pgvg.jpg

特にグリセリンは衛生的に保つのに注意がいる。VGやPGの容器に直接スポイトを突っ込んだりせず、一旦小分け容器に入れるのが良いだろう。
こうした製品では10mmほどの開口部となっているので、小分けボトルに移すにあたり、ロウトや皿などを使ってもいいと思う。

<粘度を調整する>

一般にVG:PGは70:30、60:40、50:50が多い。
右に行く程サラサラと柔らかくなり、スピットバックは多くなる。リキッドのフレーバーは出やすい傾向になると思う。
左に行くほど硬く、かつ煙が出る。

プルームテック用アトマイザーなど数ワットのものでは、案外どれでも行ける印象がある。
しかし、製品・組み合わせに依っては高VGではコットンに上手くリキッドが行き渡らず、「焦げ」やすくなる。
例えば乾いた台所用スポンジに水を垂らせば直ぐ浸透するが、粘度のある油ではそうは行かない。そんな感じだ。

この辺の意味で、たとえばPGを少し増やして調整するのもいいと思っている。

例としてeGoAIOでは、小型ながら20W以上の出力があるため、コイルが焦げやすい面もある。一方で、構造上のことからスピットバック(液撥ね、パチパチ)が出やすいという面もある。前者を低減するにはPGを増やし、後者を減らすならVGを足すと良いかもしれない。

おわり













スポンサーサイト

プロピレングリコール・フリー「J-リキッド」クレイジーメンソール


プロピレングリコール・フリーを特徴とする「j-LIQUID」シリーズ。
VP Japanが製造・販売を手がける。
同社ではVPシリーズとして電子タバコ本体各種も扱っている。

1810jlseibun.jpg
グリセリン、エタノールのほか、カフェイン抽出物、香料が含まれる。
「えっ、カフェインはいらないんだけどな」と思ったが、そもそもが「書かれている」という点で安心ではあるかも。

10mlで1,000円オーバーと、決して安くはない。
1,000円と少しあれば、30mlクラスのボトルで買えるリキッドは結構ある。

1810jlsikitu.jpg
eGoAIOも添えたものの、今回とりあえずは、プルームテック+アトマイザーでトライ。

キャップは普通のチャイルドレジスタンス式であり、開封や開栓に特に戸惑う部分はない。強いていうとパッケージがややコンパクトさに欠けるが、店頭ディスプレイ用でもあるので仕方ないだろう。

1810jlb.jpg
蓋を開けての香りはといえば、まず結構きつめのアルコールっぽさがある。

ややケミカルっぽさがあり、品よく仕上げられたDURASMOKEのメンソよりは、ゴツゴツした感じがある。

とはいえ、香りをかぐだけでむせそうとか、そこまでのメンソール感はなし。メンソール系全般がキホン大丈夫な人であれば、一口二口は普通に行けそうな印象。

・・・

味わってみると、余り尖った感じはなく、甘く丸いイメージがある。深く吸えば喉の奥にキックが来る。国内でライトメンソと称するには、刺激がある。

しかし、いかんせんエタノールっぽさが強い。どちらかといえばだが甘い方向の匂い立ちであり、日本酒や甘酒も少し想起してしまうが、爽快感も同時にあるので難しい。

これは何かに似ている。…何に似ているのか?
30パフぐらいしたと思うが、「ジンだ」と気づいた。

同じ度数でも、ウォッカが「グイ」っと口中に強くエグく来る感じなのに対し、ジンはもうすこし散らばる、いわば炭酸のような印象がある。あの散らばり感がミストによって思い出されるのだろうか。

・・・

こまかな味の形容はともかくとして、「やはりエタノールっぽさが強く、馴染み難い」というものがどうしても強かった。どのような角度から風味を考えても、やはり「その感じ」がまず気になってしまうのだ。

PGを用いたリキッドを味わってみると、やはり全く違うものだ。

これまでのリキッド経験ではPG臭とはあまり感じ取れない。一方このエタノールっぽさは、グリセリンの甘み以上に強く感じられる。

・・・

ではカプセルを取り付けてみるとどうなのか。これが決定打になったというか、どうにもカプセルの味を引き出せない。カプセルにカバーしてもらうというには、エタノールの個性がありすぎる。レッド、メンソール、パープルと試したものの、どれもピンとこない。コーヒーや炭酸で舌を直してみたりしても、どうにも難しい。

・・・

ウーン、との気分のまま、試喫終了とした。残念ながら、「いくらでも吸ってしまいたい」とは思わないし、「(純粋なる喫味の意味では)一本ぐらい手元に置いておきたい」とも思わなかった。

強みがあるとすれば結局やっぱり、「PGが一切含まれない」点に尽きる印象。その意味ではJ-リキッドの他フレーバーも同じ(注:全部ではない)だから、コレに拘る意味はあまりないだろう。

しかし、何とか活用したく思い、VAPE用としては初めてグリセリンを買ってきた。100mlで300円台と、”リキッド”と比べたら破格である。VAPEリキッドは15ml1,000円、30mlで1,500~2,000円などが多いが、まして本品とグリセリンでは比べようもない。

1810jlgl.jpg

グリセリン:本リキッド 8:2 ぐらいの感じまでグリセリンを加えてみると、もくもくと煙もよく出て、かつ焦げそうとかでもなくまあまあ楽しめる印象となった。

せめてもう少し安ければ「一度ぐらい試してみても面白い」と言えるのだが、10mlで1,000円以上とは、やはり高い。「ファミマリキッド」?デュラスモークぐらいの値段には落としてほしいなと率直に言って思う。









Ploom Tech MIX GREEN COOLER

最近買って、そこそこ気に入っているプルーム・テック。

構造的には電子タバコに近く、吸口にたばこカプセルがあるというだけ。
熱というよりは涼やかさを感じ、愛用のgloや、IQOSとは全く異なっている。

1809ploomnashi1.jpg

MIX GREEN COOLER なる新フレーバーが出たとのことで、購入。

1809ploomnashi2.jpg

中はこういった感じで、他のメビウス・フォー・プルームテックと同じ。
たばこカプセル5個、カートリッジ1個。

だがこのカートリッジが、この品からメンソールになっている。
※従来は、どのフレーバーでもカートリッジは共通で、無味無臭

ploomnashi3.jpg

カートリッジの外見は従来品と同じで、見分けはつかない。
しかし香りをかぐと、すぐに分かる。

1809ploomnashi4.jpg

シリコン製の吸口をつけて吸ってみる。
この状態では、ノンニコチン・ノンタールである。
特にまずくもないが、ただのメンソールのパイプのようだ。

1809ploomnashi5.jpg

そして風味の MIX GREEN COOLER たばこカプセルに付け替える。
正直まあ、繊細な味が絡み合ってどうこうって感じじゃないし、
そうであっても、そもそもわからないが、普通に吸える。

1809ploomshagai.jpg

無味無臭のカートリッジで吸ってみる。

(社外品、5個で1,000円ぐらい。Ploom TECHは、このカートリッジが先に減りやすいので、別途買っておくと良いっぽい)

これだと、本当に口元での味があるというだけで、いかにも深みがない。

反対に、レギュラーカプセルと、今回のメンソールカートリッジを組合すと、こちらはOK。

今後は、社外品のメンソールカートリッジ充実が期待されそうか。
リキッドを入れる品を使って、自分で作れなくもないが、そこまではやっていられないので…。



戦略的投票

時間がない人向けの記事。

安倍政権の暴走なるものに危惧を抱く層、
そして自公に投票しない層に向けて書く。

ガチガチに支持政党・支持候補が決まっている場合意味を成さないが、
たとえば「おおよそ好きな政党」が決まっていても、候補者にこだわりがない場合などにも意味がある。
それが戦略的投票だ。

1)

毎日の「えらぼーと」というものがある。
これを見れば、自分が気にかけていることと、政党・候補のマッチングが分かる。

http://vote.mainichi.jp/47shuinsen/

ある程度の目安にすぎないが、そうおかしな結果は出ない印象がある。
だが、戦略的投票には関係がない。

ここで比例を決めるのは良いとしても、
候補者を決めてしまうのは良くない。勝てない・落とせない事態を招くからだ。死票になる。

2)

それでこれだ。戦略的投票の説明動画



戦略的投票・Strategic Votingについてよく解説されている。5分で見事な出来栄えだ。
この際、この学生団体SASPLの細かな点などはどうでもよいとする。

http://senkyo.yahoo.co.jp/
動画内ではヤフーの選挙ページに飛ぶボタンが有る。ただ必ずしもそれでなくて良いと思う。
この手順は正直もう、カットでOKだ。

3)


これが重要だ


http://ouen100.net/

↑ ここで自分の選挙区を見てみる。
1)のえらぼーとで見たものとは、ときに全然違う行動が「効く」と分かるだろう。

与党の勢力を削るにはどうしたらいいか直ぐ分かる。
言葉は悪いがムダな行動も分かる。ムダどころかマイナスでもある(あなたにとってもしかして)

それだけだ

簡単な事をきちっとやる
これはレースにも通じること

白票はNG、選挙には行きましょう

では

● ニット



● 財布

財布は、カジュアルシーンではそう迷わないと思う。キャンバス地のものでもオシャレなものが十二分にある。

やはりビジネス向けを意識すると革っぽいものが欲しくなるかと考えるが、
そこは合皮の財布を丁寧に使い、清潔感を出すことでクリア出来ると思う。

合皮の財布に関しては、安価なものが多数出回っていると思うので、実店舗が良いかも。



こちらなどは、合皮とキャンバスをうまく使い分けており、少しだけ外すファッションにもうってつけ?

● ダウン

ダウン(のようなタイプの防寒着)は、
別に必需品とも思わないが、要る人には要るだろう。風合い上の代替品としては「プリマロフト」「シンサレート」がある。
代替品というよりは新素材であり、機能性も高い。



そう安価ではない印象だけれど、探せば、程度の良いUSEDなどもある。

● ベルト

カジュアルシーンではコットン・キャンバスで色々なものが有るので、そう迷わないと思う。

ビジネスよりだと、メッシュのものも便利。意外とビジネススタイルに合うのだ。
メッシュ ベルト で検索すると色々なものが有る。



こちらは結構安めなものだが、右端や左から三番目のものなどは、スーツにも合わせやすいだろう。
部分的に合皮が使われているものが多いが、一応チェックしておくと心配がない。

カンペキとは言わずとも、一歩進んだクルエルティ・フリーなファッションを目指してみては?と思う。
プロフィール

77OT

Author:77OT
現在は休止中ですが電動RCが趣味。心理学(臨床等でない)、動物倫理・ベジレシピの話なども。アメブロよりはディープめな話、わかりにくい話などを書いていますw

最新記事
リンク
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR